「生涯現役セミナーin追浜『走りの魅力』熱くなければ、人生じゃない」と題した講演会が21日、追浜コミュニティセンター(横須賀市夏島町)で開かれた。横須賀市教育委員会などの主催。

 講師は、リオデジャネイロ・パラリンピックでパラトライアスロン日本代表チームのヘッドコーチを務めた専修大学スポーツ研究所研究員で同大学准教授の富川理充(まさみつ)さん。自らもトライアスロンワールドカップに出場した経験談を交えながら「健康で充実した毎日を過ごすには、スポーツで心身をリフレッシュすることが大切」「冬場のウオーミングアップはしっかり体を温めて」などと、ランニングの知識や健康との関わりについて説明した。

 ...    
<記事全文を読む>