二〇二〇年の東京五輪に向けて、県ゆかりのアスリートが県内スポーツ界の現状と今後の取り組みについて意見を交わすシンポジウムが二十一日、高岡市のウイング・ウイング高岡であった。(高島碧) 市民のスポーツへの機運を高めようと、高岡市教委が主催。パネリストには、富山GRNサンダーバーズ監督の吉岡雄二さん、世界陸上競技選手権大会に出場したマラソン選手野尻あずささん、リオデジャネイロ・パラリンピックに出場した車いすバスケットボール選手の宮島徹也さんを招き、市まちづくり参与の佐野慎輔さんがコーディネーターを務めた。

 パネリストは、それぞれスポーツを始めたきっかけや、東京五輪への期待を話した。吉岡さん...    
<記事全文を読む>