第37回全国中学校アイスホッケー大会第3日は21日、岩手県の盛岡市みちのくコカ・コーラボトリングリンクと、花巻市石鳥谷アイスアリーナの2会場で、準々決勝と準決勝を行った。

 八戸二は、準々決勝で長野市合同を13―3で下し、準決勝では、前回3位の釧路鳥取(北海道)をGWSの末、4―3で制した。青森県勢の決勝進出は八戸二が準優勝した1994年2月の14回大会以来、23年ぶり2度目。

 最終日の22日、八戸二は初優勝を懸けて苫小牧和光(同)と戦う。会場は盛岡で、正午試合開始。

...    
<記事全文を読む>