青森県スキー選手権は第4日の21日、大鰐町の大鰐温泉スキー場で国体予選の男女大回転、秋田県鹿角市の花輪スキー場で純飛躍と複合を行った。大回転は男女共通のコースで1回の滑走タイムを競い、成年男子Aは山田椋喬(東奥義塾出、日大)、少年女子は蛯原杏奈(柴田女子)が男女のトップに立ち、ともに初制覇。少年男子は今泉悠弥(青森山田)、成年男子Bは勘林秀平(岩木スキークラブ)、同Cは齊藤尚士(チーム・マテリアル)、成年女子Aは佐藤春香(東奥義塾出、日大)が優勝した。純飛躍は神島実孟(五所農林出、早大)が2回目にK点に迫る77.0メートルを記録し優勝。複合も神島が制し、6連覇を果たした。
...    
<記事全文を読む>