大相撲初場所14日目(21日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が玉木を押し出し、最後の一番で勝ち越しを決めた。大岩戸(鶴岡)は朝興貴を寄り切りで下した。

 既に勝ち越しを決めている三段目の琴福寿野(舟形)は武蔵国に押し出され、4勝3敗で今場所を終えた。勝ち越しを懸けた北勝鶴(鶴岡)は引き落としで彩翁に敗れ、負け越しが決まった。

 序二段の最上錦(大蔵)は小寺にうっちゃりで4敗目を喫し、負け越しとなった。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>