自転車オフロードの地パンシクロクロス(JCX)シリーズの第11戦「東北シクロクロスシリーズ第3戦」は20日までに、宮城県の蔵王町総合運動公園で行われ、宇都宮ブリッツェンの小坂光(こさかひかる)が優勝を飾った。

 昨年11月の第7戦以来の同シリーズ出場となった小坂。コースは寒波の影響で雪に覆われる悪条件だったが、序盤から積極的なレース運びで先頭争いを繰り広げた。

 2周目にライバル選手の転倒で単独首位と優位な状況を築くと、その後も安定した走りを継続。2位に1分54秒差をつけ、規定周回を1時間3分57秒で走破した。

 シリーズ最終戦となる第12戦は2月12日、東京都のお台場海浜公園で「シクロクロ...    
<記事全文を読む>