アイスホッケーの第37回全国中学校大会は20日、盛岡市のみちのくコカ・コーラボトリングリンクほかで1回戦8試合を行った。本県代表の日光東は蔵王一(山形)と対戦、32-0と大勝し準々決勝に駒を進めた。

 日光東は第1ピリオド開始19秒、FW金井真(かないしん)のゴールで先制。その後も連続でゴールを決め、同ピリオドを11-0で終えた。第2ピリオド以降も相手を無得点に抑える一方、攻撃の手を緩めることなくリードを広げ、最終ピリオドで15得点を加え圧倒した。

 大会第2日は21日、同会場ほかで準々決勝4試合を行い、日光東は鳥取(北海道)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>