青森県スキー選手権は第3日の20日、大鰐町の大鰐温泉スキー場で全日本選手権の予選を兼ねた男女の距離フリー、アルペン競技の大回転(B級ポイントレース)を行った。男子10キロフリーは板橋達基(陸自青森)、女子5キロ同は横濱汐莉(野辺地高)が少年、成年を含む総合で初優勝し、そろってクラシカルを含めて2冠を達成した。アルペンでは、男子大回転で中平賢郷(東奥義塾出、早大)が回転と合わせて2冠。女子大回転は佐藤春香(東奥義塾出、日大)が初優勝を飾った。

...    
<記事全文を読む>