県中体連(会長・松井端巧下小路校長)は20日、第54回全国中学校スキー大会(2月2~5日、山形県)の本県選手団を発表した。安代(八幡平)の吉田覚校長を団長に本部役員3人、監督・コーチ31人、選手31人の総勢65人で全国の雪の精鋭に挑む。

 選手はアルペン14人(男子8人、女子6人)、距離15人(男子8人、女子7人)、ジャンプ・複合2人(男女各1人)。昨年より2人少ない。

 大会は「雪をも溶かす君の情熱 解き放て 山形の雪原へ」をスローガンに2月2日、新庄市民文化会館で開会式が行われる。翌3日から競技がスタートし、アルペンは3~5日に赤倉温泉スキー場(最上町)、距離は3~5日に秋山クロスカン...    
<記事全文を読む>