車いすテニスの日本代表チームが4月3~7日、沖縄県豊見城市に整備中の「豊崎海浜公園庭球場」で合宿する。20日、同テニスコートを視察した日本車いすテニス協会の橘信宏副会長らが明らかにした。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた強化合宿などで使用する可能性についても「候補の1位か2位になる素晴らしいコートだ」と述べた。

 施設の供用開始は4月から。市によると、同公園のテニスコートは全豪オープンの会場と同仕様の「プレクシクッション」という樹脂系の素材を使ったハードコートで、九州では豊崎のみ。全国でも数少ない施設となっている。市は日本代表クラスの合宿で活用してもらうことを視野に入れ、特別な...    
<記事全文を読む>