大相撲初場所13日目(20日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の琴鎌谷(千葉、佐渡ケ嶽親方の長男)が武蔵海を押し出しで下し通算成績3勝4敗で今場所を終えた。

 序二段の琴大興(東根)は出羽の空を寄り切り、6勝目を挙げた。高馬山(米沢)は、鶴大輝に寄り切られ2勝5敗。また、5勝1敗の前田(鶴岡)はけがにより7番相撲を休場することになった。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>