千葉県は十九日、二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックの開催に伴う県の負担額は百五十億~百八十億円との試算結果を公表した。

 五輪のレスリングなど七競技の会場となる幕張メッセ(千葉市)の大規模改修費用約五十五億円などが柱となる。

 試算は一四~二〇年度の七年間の経費。県によると、昨年二月時点では、負担額を百三十億~百八十億円と試算していた。しかし、五輪のサーフィン会場に同県一宮町の釣ケ崎海岸が決定したことに伴って再検討した結果、県立自然公園を新設する費用として二億円を新たに盛り込んだ。また、資材費の高騰分も見込んだ。

 一方、県内の仮設施設については「大会組織委員会か東京都、国が負担すべきだ」...    
<記事全文を読む>