ウインドサーフィンの世界最高峰の大会が五月、横須賀市の津久井浜海岸で開催される。関係者は「三浦半島、横須賀の素晴らしさを世界に発信したい」と意気込む。

 (加藤寛太) 大会名は「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会」。開催期間は五月十一日から十六日までの六日間で、横須賀市や三浦市、全日空、京急、日本ウインドサーフィン協会などでつくる実行委員会が主催する。

 プロサーファーの国際組織「PWA」が公認するワールドツアーの一つとなる。二〇一六年のワールドツアーは欧州を中心に七カ国十一カ所で開催されたが、アジアは韓国のみ。日本では、一九九三年まで静岡県の御前崎で開催されており、二十四年...    
<記事全文を読む>