第39回県スキー大会週間第4日は19日、北安曇郡白馬村と下高井郡木島平村で県高校など3大会を行った。

 県高校大会の大回転は、男女とも中野西勢が優勝。男子は2回ともトップタイムをマークした久保田拓が回転と合わせて2冠に輝き、女子は清水愛美が1回目の2位から逆転した。

 距離は男女のスプリントを行い、女子は県選手権、全日本選手権県予選とも高校1年生の祖父江凜(飯山高)が初優勝。男子の全日本選手権県予選は本間有次(立命大)が制し、県選手権は山本涼太(中野立志館高)が優勝した。(1月20日)

...    
<記事全文を読む>