大相撲初場所(両国国技館)12日目の19日、十両の小柳(新潟市北区出身)は千代丸を押し出して3連勝。7勝5敗で勝ち越しまであと1勝とした。13日目は既に勝ち越している大奄美と対戦する。

 初優勝を目指す大関稀勢の里は平幕の勢を力強く寄り切り、1敗で単独首位を守った。横綱白鵬は栃煌山を引き落とし、平幕の貴ノ岩、逸ノ城とともに2敗をキープした。

 他の大関陣は、かど番の琴奨菊が関脇玉鷲に押し出されて2場所連続の負け越しが決まり、3月の春場所は規定により関脇へ転落する。照ノ富士は豪風にはたき込まれ、負け越した。豪栄道は遠藤に突き落とされて4敗目を喫した。

 十両は徳勝龍が2敗で単独トップ。

 幕下の...    
<記事全文を読む>