兵庫県教育委員会と県体育協会は19日、長野県で27日に開幕する冬季国体スケート、アイスホッケー競技会の県選手団を発表した。本部役員や監督を合わせた53人。フィギュア少年女子では、世界選手権代表の三原舞依(県芦屋高)と、全日本ジュニア選手権女王の坂本花織(神戸野田高)のコンビで頂点を狙う。

 フィギュア少年男子では、昨年の全国中学王者の山隈太一朗(芦屋国際中教校)らが上位を目指す。成年女子では今季限りで引退する3年前の個人女王、上野沙耶(関大)が代表入りした。

 ショートトラックでは、少年女子1000メートルで前回優勝した山名里奈(有馬高)らの活躍に期待。アイスホッケーの成年男子は、27日の...    
<記事全文を読む>