卓球の全日本選手権第3日は18日、東京体育館で男女シングルスなど5種目を行った。岐阜県勢の女子シングルスは、1回戦から出場した青木智美(中京院大)、2回戦からの高橋真梨子(十六銀行)、久野理世(同)、加藤知秋(同)全員が勝ち上がり、3回戦に駒を進めた。

 男子シングルスは、1回戦から登場した谷村直樹(清凌高職)が連勝し、3回戦進出。ジュニア男子シングルスの大野未来(富田高)は4回戦で敗退した。

 そのほかは、ジュニア女子シングルスで世界ジュニア選手権団体優勝メンバーの早田ひな(福岡・希望が丘高)と加藤美優(吉祥寺ク)が準決勝に進んだ。同男子シングルスは、中学1年で史上最年少優勝を狙った世界...    
<記事全文を読む>