室蘭スキー連盟(沼沢喬会長)のレーシングスキーチームが、室蘭市だんパラスキー場で今季の活動を始めた。雪不足に悩まされた昨季と違ってほぼ予定通りのシーズンイン。選手たちは技術向上に打ち込んでいる。

 今季は室蘭のほか、登別、伊達の小中学生と高校生10人が集まった。10日に初練習が行われ、選手たちは早速リフトへ。昨季はポールを使った練習が少なく、今季も積雪は少めだったが無事設置。講師を務める連盟会員の指導を受けながら、選手たちは夜のゲレンデを勢いよく滑り降りた。

 例年通り各選手のレベルアップを狙う。回転、大回転のタイム短縮を目指し、大会や検定での躍進を目指す。2月にはサンライバスキー場(登別...    
<記事全文を読む>