全日本卓球の第3日は18日、東京体育館で行われ、ジュニアの部男子シングルスは世界ジュニア2冠で中学1年の張本智和(エリートアカデミー、仙台市出身)が準々決勝で宮本春樹(愛知・愛工大名電高)に2-3で敗れ、2大会連続の4強入りを逃した。

 この日始まった一般の部男子シングルスでは張本が初戦の2回戦で宮沢僚太(新潟産業大)を3-0で下し、3回戦に進んだ。

 ジュニアの部は男子が前回優勝の木造勇人(愛知・愛工大名電高)、女子は早田ひな(福岡・希望が丘高)、加藤美優(吉祥寺ク)らが4強入りした。

 一般の部女子シングルスでは、小学6年の木原美悠(ALL STAR)が2回戦で敗退。混合ダブルスは吉村真...    
<記事全文を読む>