福岡市南区を拠点に活動するバトントワリングの「ゴールデンハーツバトンチーム」が、昨年12月に千葉市であった第44回バトントワリング全国大会の一般部門U-18(18歳以下)の部で2年ぶり2度目の日本一に輝いた。U-12(12歳以下)の部でも8位入賞。同大会ではチームのメンバーが大半を占める福岡海星女子学院高(南区)のバトン部も高校の部で2年連続の金賞に輝いた。

 3部門の出場チームを指導したのはバトン歴40年になるゴールデンハーツ代表の安武寛子さん(50)。10歳でバトンを始め、福岡市のチームに所属。1983年にイタリアであったバトントワリング世界大会で団体4位に輝くなど活躍し、92年、ゴ...    
<記事全文を読む>