大相撲初場所11日目は18日、東京・両国国技館で行われ、西幕下7枚目の石橋(高砂部屋、富山市出身)は、西幕下30枚目の貴公俊(貴乃花部屋)を寄り切りで下し、6連勝とした。今場所は残り1番で、幕下優勝と来場所での新十両昇進に大きく近づいた。19日に石橋の取組はなく、次の取組は早くて20日になる見通し。

 石橋は立ち合いで素早く右を差し、左上手を引く万全の体勢に。左四つが得意の相手に何もさせず、そのまま一気に寄った。

 白星街道を進み、ホープとしてファンの間で人気が高まっている様子。多くの声援が飛ぶ中での会心の内容に「ビデオで研究していた。自分の相撲を取り切れた」と満足そうに語った。

  自身初...    
<記事全文を読む>