ラグビーの第24回全国クラブ大会で、六甲ファイティングブル(近畿)が22日、京都市の宝が池球技場で初戦の2回戦に臨む。全国優勝6度を誇る名門だが、近年は3大会続けて準決勝敗退。選手たちは「何としてもクラブ日本一奪還を」と4大会ぶりの優勝に照準を定める。初戦の相手は8日の1回戦を突破した調布三鷹オールカマーズ(関東)でキックオフは午後2時。

 六甲FBは、全国クラブラグビーで2012年から2連覇を果たした強豪。トップリーグチームだったワールドの出身者らを含む10代から50代が、それぞれ仕事を持ちながら週末に活動している。

...    
<記事全文を読む>