山形市のクラレ蔵王シャンツェ(蔵王ジャンプ台)で20、21の両日開かれるノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会を前に、各国の選手らを招いたウエルカムパーティーが18日、同市の山形グランドホテルで開かれた。

 今大会は15カ国、61選手がエントリー。W杯通算50勝を目前に控える高梨沙羅選手や直前の札幌大会で初優勝した伊藤有希選手、W杯の初代個人総合女王で、2季ぶりにけがから復帰したサラ・ヘンドリクソン(米国)ら世界のトップジャンパーが名を連ねる。

 パーティーには選手やコーチなど約200人が出席した。実行委員会長の佐藤孝弘山形市長が「安心して競技ができる態勢を整えて当...    
<記事全文を読む>