大相撲初場所は18日、東京・両国国技館で11日目の取組があり、単独首位に立つ大関稀勢の里=牛久市出身=は平幕の遠藤を小手投げで下して10勝目を挙げ、1敗を堅持した。2敗で追う横綱白鵬、平幕の貴ノ岩、蒼国来、逸ノ城の4人も勝ち、1敗差は変わらなかった。

 稀勢の里は土俵際に追い込まれたが、力で遠藤をなぎ倒し辛勝。横綱鶴竜が日馬富士に続き休場し、一人横綱となった白鵬は大関照ノ富士を寄り切った。

 19日は、初優勝が懸かる稀勢の里は平幕の勢と、白鵬は平幕の栃煌山と対戦する。

...    
<記事全文を読む>