卓球の全日本選手権第3日は18日、東京体育館で行われ、ジュニアの部女子シングルスで世界ジュニア選手権団体優勝メンバーの早田ひな(福岡・希望が丘高)と加藤美優(吉祥寺ク)が準決勝に進んだ。同男子シングルスは、中学1年で史上最年少優勝を狙った世界ジュニア2冠の張本智和(エリートアカデミー)が準々決勝で敗れた。

 愛媛関係では、混合ダブルスの時吉佑一(ZEOS)・藤井優子(愛媛銀行)が準々決勝を3―1で制し、ベスト4に名乗りを上げた。19日に準決勝、決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>