全日本卓球第2日は17日、東京体育館で行われ、ジュニアの部男子シングルスは世界ジュニア2冠の13歳、張本智和(エリートアカデミー、仙台市出身)が初戦の3回戦で高校生にストレート勝ちした。◎心身成長、高校生に圧勝「3種目全て優勝したい」 今大会初登場の張本が男子ダブルス1、2回戦とジュニア3回戦の3試合に勝ち、幸先のいいスタートを切った。昨年末に世界ジュニア選手権を史上最年少で制した中学1年生は「(一般を含めた)出場する3種目全てで優勝したい」と高らかに宣言した。

 昨年、小学生で初めて準決勝まで進んだジュニアの初戦。高校生相手にわずか15分の圧勝劇を演じた。

 手数をかけない攻めで相手を圧...    
<記事全文を読む>