「第1回沖縄空手国際大会」の2018年8月の開催が16日、決まった。県内各流派が本来の「型」を見詰め直し、源流を再考する点に大会の意義がある。各流派が大会を機に、組織化を目指すことになるが、促進につながれば、それぞれの「人と技」の継承・発展に大きな一歩となる。

 大会では各流派ごとに本来の型を再検証しつつ競技し、それぞれのチャンピオンを決めることが想定されている。沖縄の伝統的な型について、国際レベルで同様の大会はこれまでになく、各流派の伝統を守りながら、沖縄空手の振興を図る画期的な内容だ。

 大会の競技で組手はなく、「型」のみとしたのも明確な狙いがある。先人らが体系化し引き継がれてきた沖縄...    
<記事全文を読む>