米ユタ州パークシティーで開かれるスキーのノルディックジュニア世界選手権大会(1月30日~2月5日)の複合に、日本代表として出場する秋田県鹿角市の木村幸大さん(花輪二中3年)が17日、市役所を訪れ、児玉一市長に「海外での大会は初めて。できる限りのことをやりたい」と意気込みを語った。

 木村さんは2016~17年シーズンの全日本強化指定選手に選ばれ、フィンランド合宿などを経験。12月下旬に北海道名寄市で行われた名寄コンバインドチャンピオン競技会少年組では、高校生らを抑えて優勝した。

...    
<記事全文を読む>