日本ハンドボールリーグのトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)が16日、韓国の実業団チーム「仁川都市公社」と合同の強化合宿をスタートさせた。20日まで5日間の日程で、練習試合を中心に練習を重ねる。

 仁川都市公社は昨年の韓国リーグ4位。選手15人を含む19人が20日まで滞在する。

 両チームは同日午後から、20分×2本の練習試合を実施。トヨタ紡織九州は津山弘也、中本和宏の両CBを中心にスピードのあるボール回しで、韓国の強豪に対して互角の勝負を演じていた。

 トヨタ紡織九州は今シーズンのリーグ戦でここまで12試合を戦い、1勝1分け10敗の暫定8位。昨年12月にも韓国のSKホークスと強化合宿を...    
<記事全文を読む>