県体協は16日、第72回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会(スケート国体、27~31日、長野市ほか長野県内)の本県選手団(総勢59人)を発表した。選手は42人で、地元開催だった前回から23人減。スケートのスピード勢を中心に上位入賞を目指す。

 竹田浩久・県スケート連盟会長を団長に、本部役員12人、選手・監督47人。スピードの4種別、ショートトラック成年女子、アイスホッケー成年に出場する。スピード成年女子の阿部真衣(盛岡ヘアメイク専門学校職)が主将を務める。

 本県唯一のショートトラック男子選手で、成年男子で前回2種目入賞を果たした村竹啓恒(ひろのぶ)(県体協)はワールドカッ...    
<記事全文を読む>