大相撲初場所9日目は16日、東京・両国国技館で行われ、西幕下7枚目の石橋(高砂部屋、富山市出身)は、東幕下筆頭の北播磨(山響部屋)を送り出しで下して5連勝とした。来場所での新十両昇進には6勝以上が最低条件とみられる。

 石橋は動きの速い元幕内力士との立ち合いを強い当たりで制すると、突っ張りながら前に出た。「上手は取れなかったけど、密着して寄れたのは良かった」と言葉を弾ませた。

 新十両への階段を着実に上っている。残り2番に向け、「もう1番勝つと、もっと硬くなると思う」とはにかむが、「一日一番やっていくだけ。あとは白星を重ねるだけです」と自らに言い聞かせるように話した。

...    
<記事全文を読む>