西日本学生相撲連盟は15日、大阪市内で平成28年度定時総会を開き、本年度の最優秀団体賞に近大(伊東勝人監督)、最優秀選手賞に金沢学院大の中村友哉3段(4年・金沢学院高)、女子最優秀選手賞に立命大の稲葉映美3段(4年・富山商高)を選んだ。

 近大は団体戦で全国学生選手権の準優勝をはじめ、宇佐準優勝、九州3位、西日本学生準優勝、西日本選抜学生優勝、刈谷3位と安定した成績が評価された。

 中村選手は主将としてチームを西日本学生で初優勝に導き、個人でも西日本と西日本学生体重別無差別級で優勝、九州で準優勝した。稲葉選手は全日本女子重量級、全国学生女子重量級、郡上重量級で優勝。国際堺無差別級、ひめじ重...    
<記事全文を読む>