日本競輪学校(静岡県伊豆市)の女子114回生、男子113回生の合格発表が12日に行われ、うるま市出身で琉球大職員の比嘉真梨代(28)=中部商高-名桜大出=が県勢女子として初めて合格した。男子では浦添市出身のラモス・レオ(19)=首里東高出、仲松道場=が受かった。2人は5月に入学し、来年3月卒業後に競輪選手としてデビューする予定。女子初の比嘉「感動を与えられる選手に」 比嘉は昨年2月に競技を始めて1年未満で、20人の合格者に入った。高校時代は、走り幅跳びと走り高跳びで南九州大会2冠を果たし、全国総体にも出場したアスリートだった。

 大学在学中に陸上の一線から退いたが、昨年ジムでトレーニング...    
<記事全文を読む>