日本相撲協会は15日、来場所から番付にしこ名が載る新序出世力士を発表し、一山本(いちやまもと)(23)=本名・山本大生(だいき)さん、後志管内岩内町出身、二所ノ関部屋=ら、8人が初場所中の両国国技館で化粧まわし姿を披露した。渡島管内の福島町役場を辞めて、角界入りした一山本は「今は不安より期待の方が大きい」と語った。

 186センチ、126キロで突き押し相撲が身上。15日は同部屋で東前頭2枚目の松鳳山関の化粧まわしを借り、お披露目の土俵に上がった。多くの観客を目前にし「少し恥ずかしかった」。公務員から角界への転身は数少なく、注目を集めた。

...    
<記事全文を読む>