アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは15日、日光霧降アイスアリーナで首位のハルラ(韓国)と対戦、1-2で敗れ、4連敗となった。通算成績16勝21敗の勝ち点45、順位は6位のまま。

 ハルラに12、14日と惜敗が続いたバックスは、開始直後から積極的にゴールに迫った。しかし、第1ピリオド13分48秒に相手の個人技を止められずに失点。やや動きが落ちた第2ピリオドにも、速攻から追加点を奪われた。

 2点を追う第3ピリオドは相手を押し込み、残り2分からはGK小野航平(おのこうへい)をベンチに下げて6人攻撃を開始。18分47秒にFWマーク・ディレイゴの3試合連続得点で1点差としたが...    
<記事全文を読む>