大相撲初場所は15日、東京・両国国技館で中日8日目を迎えた。西前頭筆頭の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は、東小結の高安(茨城県出身、田子ノ浦部屋)と対戦。寄り切りで勝ち、5勝目(3敗)を挙げた。

 高安には3勝3敗。

 9日目の16日、東関脇の玉鷲(モンゴル出身、片男波部屋)と当たる。

...    
<記事全文を読む>