◇大相撲初場所<8日目> 横綱白鵬が平幕荒鷲に寄り切られ、初黒星を喫する波乱。荒鷲は6日目の横綱鶴竜戦に続く2個目の金星を獲得した。大関稀勢の里は隠岐の海を辛くも突き落とし、8戦全勝で単独トップに立った。

 鶴竜は関脇正代を押し出して5勝目。豪栄道は大関同士の一戦で照ノ富士にはたき込まれて3敗目を喫した。照ノ富士は星を五分に戻した。かど番の大関琴奨菊は松鳳山の小手投げに屈し、6敗目と苦しくなった。

 全勝の稀勢の里を1敗で白鵬、平幕の貴ノ岩と蒼国来が追う。十両は宇良ら7人が2敗でトップに並んだ。

    ◇ あり得ない。そう誰もが思っていたことが起きた。八角理事長(元横綱北勝海)は「おいおい、...    
<記事全文を読む>