盛岡市は14日、同市本宮の市立総合プールに、昨年のリオデジャネイロ五輪に出場した池江璃花子選手(東京・ルネサンス亀戸)が同プールで行われた岩手国体競泳少年女子B50メートル自由形で樹立した日本新記録(24秒67)を記念するプレートを設置した。

 プレートには「2016希望郷いわて国体 日本新記録樹立」の文字と、記録、日付を記載。除幕式で県水泳連盟の樋下正信会長は「記念すべき国体で新記録が出たプールから、全国へと素晴らしい選手が輩出されることを願う」とあいさつした。

 高校1年の池江選手は練習でメキシコに滞在中で「プレートを作っていただきありがとうございます。岩手の皆さんも東京五輪を目指して...    
<記事全文を読む>