【東京=椛沢基史、外処郷平】ラグビーのトップリーグ(TL)最終第15節は14日、東京・秩父宮ラグビー場などで8試合が行われ、パナソニックワイルドナイツは東芝に15―14で競り勝ち、11連勝で今季のTLを終えた。上位2チームがともに勝利したため、3位が確定。サントリーが15戦全勝で4季ぶり4度目の優勝を飾った。

 21日に始まる日本選手権には上位3チームが出場し、パナソニックは1回戦(同日午後0時5分、大阪・花園ラグビー場)で、TL2位のヤマハ発動機と対戦する。パナソニック 15(前半12―7)(後半3―7)14 東芝 【評】終了間際のラストプレーでSO森谷が PGを決め、パナソニックが劇...    
<記事全文を読む>