昨年のリオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介(はぎの・こうすけ)選手(22)=小山市出身、東洋大=が、プロ転向する今春からタイヤ世界最大手のブリヂストンと所属契約を結ぶ意向を固めたことが14日、分かった。

 少なくとも2020年東京五輪までの複数年契約で、目標とする同五輪での複数の金メダル獲得へ、世界的企業の支援を受ける。

 ブリヂストンは国際オリンピック委員会(IOC)最上位スポンサー12社の一つ。県内にも那須塩原市内に栃木工場などがある。関係者によると、契約交渉の最終段階に入っており、契約金の金額なども含め近く正式に発表される。
...    
<記事全文を読む>