トップリーグ最終節は14日、神戸市のノエビアスタジアム神戸などで8試合が行われ、サントリーが神戸製鋼を27-15で下し、15戦全勝の勝ち点69で4季ぶり4度目の優勝を果たした。序盤、0-8とされたが、前半終了間際にWTB江見のトライで逆転、後半リードを広げた。神戸製鋼は4位。

 逆転優勝の可能性があった2位ヤマハ発動機は、トヨタ自動車を27-8で退けて14勝目(1敗)を挙げたが、勝ち点67で及ばなかった。4連覇を目指した3位パナソニックは東芝に15-14で競り勝ち、11連勝。

 NTTコミュニケーションズは27-17でクボタを下し5位、リコーはコカ・コーラを33-14で破って6位を決めた。...    
<記事全文を読む>