第72回冬季国体スケート、アイスホッケー(27~31日・長野市ほか)に出場する岡山県選手団の結団壮行式が13日、岡山市の県立図書館で約80人が参加して開かれ、選手、監督らが健闘を誓った。

 選手団は総勢44人。団長の越宗孝昌県体協会長(山陽新聞社会長)がアイスホッケー少年の渡部拓海主将(鷲羽高)に代表として選手証を交付。旗手を務めるフィギュアスケート少年女子の白神伶菜(玉島高)に団旗が手渡された後、同少年男子の佐々木美行監督(倉敷・旭丘小教)が「チームワークを推進力に全種目入賞を目指します」、アイスホッケー少年の田村樹伯監督(岡山市西消防署)は「少年、成年ともベスト8を目標に全身全霊で戦...    
<記事全文を読む>