第56回県中学総体スキー競技大会は13日、大蔵村の湯の台スキー場で距離の男女クラシカルを行った。男子5キロは菊地哲(米沢五)が16分41秒1のタイムで2位と0秒4差の接戦を制し、初めて頂点に立った。女子3キロは須賀愛依(金山)が11分23秒3で初優勝を飾った。

 距離は当初、真室川町の秋山クロスカントリーコースで予定していたが、少雪だった影響で会場を変更して実施している。14日は男女フリーを行う。

 また、14、15の両日に最上町の赤倉温泉スキー場で予定されていたアルペンは、少雪のため会場のコンディションが整わず中止とし、同日程で上山市の蔵王ライザスキー場で東北、全国大会の選手選考会を開...    
<記事全文を読む>