兵庫県加古川市教育委員会は13日、2020年の東京パラリンピックで、シッティングバレーボール・ブラジル代表の事前合宿の誘致に取り組むことを表明した。競技は、座りながらプレーする障害者スポーツで、同市と同国マリンガ市が姉妹都市提携していることや、市職員が日本パラバレーボール協会の役員を務めていることから、誘致に乗り出したという。(小林隆宏) 同日の市総合教育会議で、岡田康裕市長に報告した。岡田市長は「合宿の誘致は加古川の魅力を外国人にも伝えるチャンス。市を挙げて取り組みたい」と述べた。

 シッティングバレーボールのブラジル代表はリオデジャネイロ大会で男子4位、女子は銅メダルを獲得した強豪。...    
<記事全文を読む>