全道中学スキーは13日、士別市朝日三望台シャンツェほかで開幕し、3種目を行った。男女混合で争ったジャンプは、1回目に最長不倒の64メートルを飛んだ二階堂蓮(江別大麻東)が合計245・8点で2連覇を飾った。女子でトップの葛西優奈は合計167・4点で11位。複合は前半ジャンプを行い、後半距離は14日に士別市朝日クロスカントリーコースで争う。

 サッポロテイネスキー場で開かれたアルペン男女大回転は、男子で1回目2位につけた佐藤大虎(札新川)が逆転勝ち。女子は昨年全国中学大会の大回転で2位に入った畠中悠生乃(札藻岩)が1回目2位から逆転で優勝した。ともに初優勝。14日は男女の回転を行う。
<記事全文を読む>