昨年十二月にレスリングの世界選手権と全日本選手権で初優勝した四日市市出身で至学館大(愛知県)一年向田真優さん(19)が十二日、市役所で森智広市長に報告した。

 世界選手権はハンガリーで開かれ、女子55キロ級に、東京都渋谷区であった全日本選手権は53キロ級に出場した。「世界選手権は緊張したが、少しずつ動きが良くなった。全日本では守りに入ってしまったので、次は攻め続けて勝ちたい」と振り返った。

 リオデジャネイロ五輪銀メダリストで、五輪後の大会に出ていない吉田沙保里さん(至学館大職員)と主な階級は同じ。「沙保里さんがいつ出てくるか分からない。国内で優勝し、世界選手権や五輪に出られるようにしたい...    
<記事全文を読む>