◇大相撲初場所<6日目> 横綱白鵬が隠岐の海を寄り倒し、大関稀勢の里は新関脇正代をきめ出し、両者が全勝で首位に並んだ。

 横綱鶴竜は平幕荒鷲に寄り切られて3連敗。荒鷲は初金星。横綱日馬富士は新関脇玉鷲を寄り倒して4勝目を挙げた。玉鷲は2敗目。

 他の大関陣は、豪栄道が松鳳山を寄り切って4勝目。かど番の琴奨菊は御嶽海の寄りに完敗して2勝4敗と苦しくなった。照ノ富士は2勝目。

    ◇ あの琴奨菊フィーバーからわずか1年しかたっていない。昨年の初場所。得意のがぶり寄りをさく裂させるなどして3横綱を連破。14勝を挙げて日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした。誇らしげに賜杯を掲げた姿は、いった...    
<記事全文を読む>