今季の県内スキー大会は、14~16日の第66回県高校・中学大会、第57回県選手権大会(ノルディック)を皮切りにスタートする。予定されていた県選手権(アルペン)や田山クロスカントリースキー大会の中止など雪不足が懸念されたが、全国大会出場を懸けた白銀の熱戦が幕を開ける。

 高校のクロスカントリー男子は岩手国体に出場した釜石和(わたる)(盛岡農3年)、上山侑大(盛岡南3年)による争いが濃厚。女子は滝沢日菜(盛岡南1年)が頭一つ抜け出る。アルペン男子は盛岡中央3年の松田大雅、高橋諒介と阿部健汰(岩手3年)、女子は佐藤実紅(平舘3年)、斉藤桃香(同)を軸に、成長株の1年生勢も上位を伺う。ジャンプ、...    
<記事全文を読む>