アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは12日、日光霧降アイスアリーナで首位のハルラ(韓国)と対戦、3-4で逆転負けした。通算成績は16勝19敗の勝ち点44で順位は6位のまま。

 バックスは第2ピリオド2分39秒、キルプレー中に先制を許したが、6分37秒に2人多いパワープレーの好機を生かし、FWマーク・ディレイゴの鮮やかなミドルシュートで同点に追い付いた。

 第3ピリオド2分53秒にはFW彦坂優(ひこさかゆう)のゴールで逆転に成功したが、キルプレー中の同10分21秒に同点ゴールを決められると流れが一変。11分すぎに逆転ゴールを許し、15分すぎにも追加点を献上した。試合終了3...    
<記事全文を読む>