戦後最大のイベント、東京五輪が生んだ英雄、円谷幸吉が亡くなって五十回忌を迎えた。27年の短い生涯を駆け抜けた円谷の姿はわれわれに何を残すのか。(宮田建)◎敗れざる人(5)東京五輪の重圧/マラソン 異様な盛り上がり アジア初の五輪。1964年東京大会は戦災復興を世界にアピールする国家プロジェクトだった。国民は、その晴れの舞台を心待ちにした。<冷静さ失った君原> マラソンは今も昔も五輪の華だ。それが日本開催となれば、国民やマスコミの熱狂ぶりは尋常ではなかった。メダルを期待されながら8位に沈んだ君原健二(75)=当時八幡製鉄=。その後メキシコ、ミュンヘン大会を経験し、「東京は異様な環境の中で...    
<記事全文を読む>